「横尾忠則 肖像図鑑 HUMAN ICONS」に行ってきた

2015/02/19

スポンサーリンク

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

この記事の所要時間: 218

実は、開催されたすぐの平日にチャリンコで昼に一回行ったのだけれども、休館日で観れなかった「横尾忠則 肖像図鑑 HUMAN ICONS」にやっとこ行ってきた。

やっぱり、生で作品を観るのは良いですね。改めて、色んな人を描いているなーという量の迫力も、実際のサイズ感、質感の迫力も感じつつ、やっぱりライブ(実際描いてるところは生で観たことないですが)ですね。

9月23日(火・祝)までやっているので、また行きたいと思います。

実は、今回、娘のプールに付き合った後、たまには付き合え、というカタチで、半ば強制的に連れて行ったのですが、すぐに飽きる、最初作品に触ろうとするのでヒヤヒヤ、座らせていても「公園に行きたい」とか五月蝿い、など、ゆっくり観られなかったわけです。

と言いつつも、そんな娘がハマったのは展示会場でなく、ミュージアムに入ったすぐにある、

今回の展示に合わせて作品のスタンプを作ったので、記念にスタンプ押して行ってください、のコーナー(無料)。

作品は、野口英世、川端康成、樋口一葉の2種。

娘がスタンプしたのがコレ。

それぞれ、うまいこと3×3でスタンプしてます。
それぞれ、うまいこと3×3でスタンプしてます。

 

スタンプの横には、作品の福笑いも置いてあり、作品を触ってる感じもあり楽しいです。

あと、「顔」ドレスコード割引というのもあるようで、これから行く方は使ってみては。

「顔」がプリントされた服を探して着てきてください。動物の「顔」でもOKです。その衣服を指差し「ドレスコードは顔です」と言っていただければ、100円引きでご入場いただけます。

次回は、「顔」ドレスコード割引で入ってみようかしら。

 

「横尾忠則 肖像図鑑 HUMAN ICONS」
○会場:川崎市市民ミュージアム 企画展示室1
○期間:2014年06月28日-2014年09月23日(休館日:毎週月曜 但し月曜日が祝休日の場合は開館、7月22日(火)、9月16日(火))
○開館時間:09:30-17:00(入館は16:30まで)
○観覧料
・一般 700円
・学生・65歳以上 600円
・中学生以下 無料
○主催
川崎市市民ミュージアム、日本経済新聞社
○交通案内
・JR武蔵小杉駅 北口1番乗り場から川崎市バスで約10分
【杉40】市民ミュージアム行き 終点下車
【杉40】中原駅行き「市民ミュージアム前」下車
【溝05】溝口駅前行き「市民ミュージアム前」下車