絵が下手でも盛り上がる、居酒屋ゲーム。

スポンサーリンク

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

この記事の所要時間: 147

幼稚園の時、

祖母へのプレゼントでセロファンと段ボールでテントウムシのステンドグラスを作ってプレゼントしたら、

「なんじゃこりゃ?!」と喜ばれなかったことや、

小学生の頃、写生の授業で色塗ってたら先生に、

「なんじゃこりゃ?」と、画用紙を洗われたことが、ある種トラウマで、

絵が下手だから、どうせ評価されないから、絵を描く課題はゴーストで誰かに描いて貰っていた。

絵を描くことが好きだった訳でも、得意だった訳でもないけれど、子供にはやっちゃダメなこと以外は、とりあえず褒めておこうという考えでいる。
得意なことを好きになる環境を作ることって、そんな積み重ねなのかなぁと、ちょっと思うから。
こんな本もあることですし

そんな自分でも、描く時がある。だいたい飲んでる時のゲーム。

元SMAPの中居くんが絵が下手でも、画伯と言われウケるように、こんな絵を描いちゃう自分も飲んでりゃウケるから楽しく描ける。

ルフィを描いてる訳ではないと思うけど、タッチが既にヤバいと思う。我ながら。
ルフィを描いてる訳ではないと思うけど、タッチが既にヤバいと思う。我ながら。

上手い人は褒められる。ホントは褒められる方になりたいけれど、下手でも場が盛り上がるから楽しくなる。居酒屋ではどちらでもポジティブ。

そんな居酒屋ゲームが、お題をみんなで描いてみよう!ゲーム。

ルールは単純。

スマホでの画像検索はNG。スターバックスのロゴ、とか、佐川急便の飛脚、その場にいる全員が見たことのあるものをお題として、各々が記憶を頼りにして描く。

上手い人はホントに上手い。自分みたい下手な人はホントに原型すらわからない。余計なモノを足しがちで、セリフとか描いちゃう。

飲みながら真剣にやるのが面白いゲーム。

一方で、

彼氏がクロアチアを強要してくるの

などと言い方と雰囲気でやる「セクシーしりとり」という面子によっては盛り上がるゲームもあるので、機会があれば。。。