吉本が本気でSNS市場を取りにいく記事を読んで。

スポンサーリンク

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

この記事の所要時間: 145

有名人であるからこその、

良いところや悪いところが沢山あるなぁと思うことがテレビなんかを観ていると良く思うこの頃。

SNSが普及してから特にそうなんだろうと。
去年からだとベッキーしかり清水富美加しかり、色んなことがバレたり発信する場がSNSってことが多くなってきてるなぁと。

そんなところで、

吉本興業がインフルエンサーマーケティング事業を開始「本気でSNS市場をとりにいく」

という記事や、そのフォロワー数なんか見ると、吉本ってすごい影響力を持っていると実感。
渡辺直美さんなんてインスタのフォロワー数600万ですからね。
スポニチの記事で数字載ってますね。
よしもと、所属タレントのSNSプロモ事業開始 ツイッターフォロワー総数4000万超!

ステマがどうので芸能活動自粛、とか前にありましたが、結局タレント、有名人の影響力が大きいから、何かしらの結果が出て問題になるわけで。

結局、有名人の行動は気になったりしちゃうのが一般人の性なのでしょうか。

先日、確定申告を終え、

去年は歯医者に通ったなぁ〜と振り返り。

通い始めた頃はツーブロックでちょんまげみたいな髪型をしていて、途中で暑いし重いから短く切ると、

「髪、バッサリ切りましたね」と歯医者さん(女性)。

「ええ、役作りで」と自分。

「エエ〜ッ!役者やられてるんですか?テレビとか出てます?」とテンションが上がる歯医者さん。

「いえ、、、、ウソです、役作りなんて、、、。」と自分。

その後の歯医者さんのテンションの下がり方が妙にショックだったことを思い出したのでした。

結局のところ、

吉本興業がインフルエンサーマーケティング事業を開始することで、インスタやtwitterにもお金が入る仕組みなんですかねぇ?(座組みがわかってない、座組みなんてない?)

どちらにしても、広告費貰ったから特に良いと思わない商品も紹介しちゃう!みたいな感じにならないと良いなぁと思いますが、ここら辺は難しいんだろうなぁ。