消費税増税と本屋さん

2015/02/19

スポンサーリンク

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

この記事の所要時間: 127

消費税が5%から8%に上がることで、色んなところで影響がありますが、本屋さんに行ったところ、店員さんがスーツのおじさまに「おつかれさまです、如何されました?」と、ちょっとビックリした感じで話かけました。

「いや、消費税が8%になるから気になることがあって」とスーツのおじさま。どうやら、社長のようなのですが、社長と決めつけて続けます。

社長「追加分の処理ってどうやってる?」

店員「いつも通り処理してますが。。。」

社長「そうじゃなくて、税込みで入力してる?税抜で入力してる?」

店員「税込みです」

社長「税込みかー、そしたら〜〜〜〜〜(自分との対話)。うーん、JANコードって手で打ってるの?」

店員「いえ、レジで読み込んで〜〜〜〜〜〜〜」

社長「なるほど。○ハンがどうするかによるんだろうけどなー。版元とかもどうするんだろうなー〜〜〜〜〜〜〜〜」

というような話をしていた訳で。

出版業界の委託販売だと、まー、なんとなくややこしい気はしますね。詳しい人に聞いてみよう。

増税前の駆け込みマンション購入なんかも聞きますが、先日、住宅展示場でイベントがあったので行ってみると、値段だけをみて今買った方が良いというのは、増税だけじゃないらしいですね。

某工務店の人曰く、

2020年に東京オリンピック開催が決まった。

様々な施設が急ピッチで建築される。

建築資材はもちろん、全国の大工さんが東京オリンピック対応にかり出される

建築資材及び人件費の高騰により、住宅売価も高くなる

ということのようです。

 

 

book本屋

Posted by admin