ダイソンの気になっていたホコリが取れた。

スポンサーリンク

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

この記事の所要時間: 217

1年位前、

紙パック式の掃除機が壊れ、我が家にダイソン V6 Fluffyがやってきた。
家電にそんなに興味がないというのもあるが、かみさんチョイスとはいえ、かなり高い買い物である。
本当に吸引力が落ちないのか?は数年後にわかるのだろう、高い買い物だったかそうでなかったかも。

新しいモノ好きなので、普段掃除はあまりしないくせに試しに掃除してみる。
取れたゴミを見てビツクリ。
今まで紙パックだから吸ったゴミの量ってわからないもんね。
1回掃除しただけで、ゴミが溜まるところの、ココまで溜まったら捨てよう!ラインに到達。。
ただ家が汚いだけ?とも思ったが、毎回溜まる。
掃除するたびに溜まったゴミを捨てる。
紙パックの掃除機と比べると、毎回の仕事が増えるとともに、月に1回くらいフィルタの掃除もしなきゃダメなので手間が増えた。。。

とはいえ、紙パックの時に気づかなかった1回のゴミの量がわかったのは良かったとともに、紙パックの時、そんなに頻繁に紙パックを替えていたようには見えなかったので、ちゃんと吸い込んでいたのかな?と思ったりも。
(紙パックがパンパンだと、吸い込めないような気がして)

見える化するだけでもやっぱ違いますねぇ。
CMの影響と実際に吸い込んだゴミの見える化で、吸引力がある、って思っちゃう。実際どうなのかはわからないけど、「こんなに取れたんだ!」という気持ち良さはある。

数ヶ月後、

気になることが。
たった数ヶ月後に、ゴミが溜まる部分の本体内部にホコリが溜まっている。
説明をざっくりすると下記。

dyson

ペロンペロンの網は剥がれないし、ホコリの取りようがない。
なんか汚らしいし、吸引力が落ちそうな気もするので、サポートに電話をしてみる。

結果、
そのホコリは取れない。見た目は悪いけど吸引力には影響はない。
とのこと。

機能に影響がないなら、まぁ良いかと思いつつ、気になるホコリ。

さらに数ヶ月後、

カメラをいじっているとき、ブロワーが目に入った。

blow

100円ショップで買ったヤツ。

そうだ、ダイソンの、あの気になるホコリをブロウしてみよう!

あの網目をくぐり抜けるホコリだ、相当細いはず。
実行はベランダで。

ブロウしてみると、ホコリが舞う。思った通りすごい量。マスクをした方が良いレベル。
太陽の光に照らされてキラキラしている。

ブロウしまくり、ホコリまみれのかいもあり、溜まっていたホコリがほとんど取れた。

エアダスターでやった方が楽でしょう。

同じように思って未解決の方は、自己責任でお試しください。ふぅ、すっきり。