色んなコトがどんどん変わる、変わらないコトもあるけれど。

スポンサーリンク

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

この記事の所要時間: 132

ライト兄弟が

1903年、有人動力飛行に成功

1919年、旅客輸送事業が始まる。(1914〜19年、第一次世界大戦では偵察機から爆撃機まで作ってたみたい)

で、第二次世界大戦を経て、

1960年代には、飛行速度・高度・航続距離とも実際上頭打ちとなった。

そうで、詳しくはwiki「飛行機の歴史」参照

そして、2017年、安心して飛行機で移動できる日々。

1970年には今の姿があったとすると、ライト兄弟から67年。
たった67年でずいぶん世界は小さくなったと思う。
(羽田→千歳、約820kmが1時間30分くらい)

一方で宇宙的には、

1965年、人類初の宇宙遊泳。

1969年、月面着陸。

ホリエモンをはじめ色んな人たち会社たちが宇宙開発に力を入れている今、すごいスピードで宇宙も小さくなっていくんだろうなぁ。

多分、思っているよりも早くテクノロジーによって色んなコトが変わっていくんだろうなぁと。

そしてそんな便利や楽しさを柔軟に受け入れて人生を豊かにしていきたいもんだなぁと思った久々のフライト。

と、色んなコトが変わりつつも、

故人を偲んで色んな人が集まったり、という、いつから行われている風習かわからなけれども、変わらないコトもあるのだなぁと同時に考えつつ。

飛行機が無かったら、気軽にこんなコトも出来ないんだけれども、、、。

そもそも、こんなに関東に人が集中してないかもしれない。

気軽に津軽を飛び出す、スーパーエレクトリックおばあちゃんは当時はホントにスゴい行動力だったんでしょうね。