ヨネダ商店

*

「死神の浮力」伊坂幸太郎 読了@読書の秋

      2016/09/30

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

この記事の所要時間: 127

読書の秋だから、

ということでもなく、久々に本屋さんの文庫コーナーに行ったら、「死神の浮力」が文庫本化されていたので、迷わず購入。
いつも通りの一気読みで、次の日、眠いみたいな。これが秋の夜長。
前の「死神の精度」も面白かったので(伊坂作品なら何でも面白いと言っているけど)、今回も期待通り。

「死神の精度」を読んだ時と感覚がちょっと違うのは、子供ができたのと、同年代で亡くなった人がいたりと、ちょっと状況が変わったからなんだろうなーと考えつつ、また、「死神の精度」を読み返してみようと思ったり(既に手元にないんだけれども)。

娘を殺された作家夫婦が、

無罪になった犯人を死神の千葉と一緒に追いかける、みたいな話なんだけれども、

自分だったらどうするか?

と、犯人を追う作家(父親)の気持ちを俯瞰で見る自分がいたわけで。
そうは思わないだろうなぁーとか、そこはそう思っちゃうよなぁーとか。
読み進めるうちに、そんな気持ちがどんどん氷解して、いつのまにか物語にのめり込んでいくという、まんまと伊坂ワールドにハマっちゃう結果でしたけどね。

なんとなく、引っかかったのが、死神、香川の

「違うよ。ただ、死んだ人のことを結構、みんな覚えてるでしょ、人間って。だから、そういう形で残ってるのかと思ったわけ」

という台詞。

覚えてるよなぁー、嬉しいも悲しいも。
すぐに浮かんだのが、JAGATARAの「みちくさ」という歌詞の、

時は流れ人はまた去る 思い出だけを残して

という一節。

なんとなくセンチメンタルになるのは、秋だからでしょうか。
いや、ただの寝不足でしょうね。

 - book , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

知らないと恥をかく 世界の大問題5 読了
この記事の所要時間: 144

この記事の所要時間: 約 1分44秒 みんなご存知、池上彰さんの人気シリーズの最 …

沈みゆく大国アメリカ<逃げ切れ!日本の医療> 堤未果 著
この記事の所要時間: 124

この記事の所要時間: 約 1分24秒 ドナルド・トランプ大統領が誕生する という …

「サラバ!」西加奈子
この記事の所要時間: 133

この記事の所要時間: 約 1分33秒 特に予定もない年末年始2017~2018。 …

星野源「蘇える変態」読了
この記事の所要時間: 158

この記事の所要時間: 約 1分58秒 まず、SAKEROCK(確かSPECIAL …

発掘「ぴあ People File ’90年代人物辞典」
この記事の所要時間: 316

この記事の所要時間: 約 3分16秒 小さな本棚の奥に 手を突っ込んでみると、な …

アンディ・ウォーホル展で、ど田舎での青い春を思い出す
この記事の所要時間: 237

この記事の所要時間: 約 2分37秒 アンディ・ウォーホルと出会ったのは、中3く …

「資本主義から市民主義へ」岩井克人 聞き手=三浦雅士 読了。
この記事の所要時間: 229

この記事の所要時間: 約 2分29秒 暑いから 短めに髪を切った。 ここ1年くら …

下町ロケット
本屋さんは社会との接点
この記事の所要時間: 20

この記事の所要時間: 約 2分0秒 ふらっと本屋さんに入ったら、「遂に文庫化!」 …

テキヤはどこからやってくるのか? 読了
この記事の所要時間: 325

この記事の所要時間: 約 3分25秒 毎年楽しみだった夏祭り。 何が楽しみだった …

匠の流儀 ー経済と技能のあいだ
この記事の所要時間: 233

この記事の所要時間: 約 2分33秒 あけましておめでとうございます。 お雑煮、 …