MYCODEをやった結果、キリがない

スポンサーリンク

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

この記事の所要時間: 228

東京都・神奈川県に在住・在勤の方40%OFF!!

ということで、今更ながら、数ヶ月前に遺伝子検査MYCODEをやってみた。
(自分がやったのはこれ
DeNAがやってるDNAのサービスというのもややこしくて気になっていたサービス。
特徴は、サイトにも書かれてある通り、

遺伝子検査とは、細胞を採取してDNAの情報を読み取り、検査を受けた人の病気のかかりやすさ、体質などの遺伝的傾向を知る検査です。
遺伝子検査MYCODE[マイコード]では、「がん」や「生活習慣病」などの病気の発症リスクが手軽にわかります。

遺伝的傾向や発病リスクがわかる、と言われると健康に気を使うものとしては知りたい!知りたい!。
しかも、唾液を送って完了という手軽さ。結果がくるまで自分の場合は2ヶ月くらい。

検査結果としては、

遺伝子型の発症リスク (日本人平均との比較) の結果は、慢性リンパ性白血病の発症率が2.77倍とか、静脈血栓塞栓症は3.78倍とか、なんかちょっと心配になるような結果から、アルツハイマーは0.86倍、精巣がんは0.30倍とか、ちょっと安心する結果まで、様々。

遺伝子型の体質タイプとしては、男性型脱毛症のなりやすさはなりにくいタイプ、85歳以上まで長生きする可能性は可能性が低いとか、こちらも様々。

あくまで傾向としてなので結果にいちいち一喜一憂しないとしても、それぞれの項目で詳細説明があったり、発病リスクを促進させる要素とかも書いてあるので、個人的満足度は高い。

とにかく、タバコはやめよう、という結果ではあります。

で、一番興味があったのは、

見た目に関する体質と祖先の検査結果がわかる、ディスカバリーという項目。
(自分の場合は、オプションで追加購入。これだけの検査もできるみたい

DNAから祖先を割り出すなんて、個人的には興味深々なわけで、やってみたところ、農耕文化を作った「稲作の民」(日本人の中で、同じグループは4,754万人/1億2712万人で37%)。
これは、ハプログループといって、日本人の多くは大きく10タイプに分けられるんだそう。詳しくはこちら

ゲノミーというのも作られて、自分のはこんな感じ。
genomy任天堂のMiiみたいな、SNSっぽいサービスにできそうな。

ハプログループでグループ分けして、DNAで合コンというか、そういうイベントやったら面白そうだなー。

リスクを知る、遺伝的要素を知る

というのを、楽しくできて勉強にもなる、とっても楽しいサービスでした。

でも、追加オプション(大体500円)の項目が、どんどん追加されて、例えば、記憶力(言語性)、打たれ強さ、音感(音程判別)、誠実さ、痩せやすさetc。

本気で楽しんだから、キリがない、でも勉強にもなるし、いい商売だなー、というのが感想の結果でした。(ちなみに祖先の結果しか追加購入してませんです。。。)